傷害保険の保険料はどのように決まるの?

傷害保険の保険料はどのように決まるの?

傷害保険の場合は、病気を対象としないケガの保険なので、健康状態の診査や病歴、現在の病気の治療状況などを告知することもありません。ですから、病気になったことがある方でも加入することができます。となると、傷害保険の場合保険料はどうやって決まるのでしょうか?

普通傷害保険の場合

医療保険は、年齢や性別、健康状態によって保険料が異なります。
普通傷害保険の場合は、年齢や性別には関係しないため、25歳の人でも55歳の人でも同じ保険料になります。では、保険料は何で異なってくるのでしょうか?

普通傷害保険の場合は、通常、保険対象者(被保険者)の職業・職種よって保険料が異なります。傷害保険はさまざまな事故によるケガが補償対象になるため、ケガをする可能性が高い職業に就いていると、保険料は高くなります。具体的には職業によって2つに分類されます。保険会社によって異なりますが、一般的には以下のとおりです。

●職種級別A・・・危険の少ない職業

保険料が安い

  • 事務職
  • 営業職
  • 販売職
  • 技術者(プログラマー)
  • 教員
  • 医師・看護師
  • 弁護士・税理士など
  • 美容師・理容師
  • 無職(年金受給者、家事従事者、学生など)
●職種級別B・・・危険の多い職業

保険料が高い

  • 農林業作業者
  • 漁業作業者
  • 建設作業者
  • バス・タクシー運転者
  • 乗用・貨物自動車運転者
  • ダンプカー運転者 など
※特別危険料率適用職種
オートテスター(テストライダー)、オートバイ競争選手、競輪選手、猛獣取扱者、プロボクサー、プロレスラー、力士など

大きなケガを負ったり、また死に至ったりするような可能性がある職業は、加入することはできても保険料が割高になったり、上限額が設定されていたりなどといった制限があります。また、職業によっては加入できない場合もあります。具体的な基準は保険会社によって異なりますので、予め保険会社に確認してみましょう。

先ほど、年齢で保険料は変わらないとお伝えしましたが、加入できる年齢を限定している場合もあります。例えば、高齢者の方専用のプランを用意している保険会社もありますので、ご注意ください。

注意点

職業が関係しますから、契約期間中に転職などで職業が変わる時には、速やかに保険会社へ告知する必要があります。また、危険度の高いスポーツ(スカイダイビング、パラグライダー、山岳登はんなど)は契約前に事前申請が必要になります。

これらのことを告知せずに事故があった場合、保険金が支払われないケースもありますので、ご注意ください。

交通傷害保険の場合

一般傷害保険の場合は、車を運転する仕事(バス・タクシードライバー、ダンプカー運転手など)は、保険料の高いB職に該当するため、事務職や営業職の方に比べると保険料が高くなりますが、交通傷害保険ではその区分がありません。

まとめ

傷害保険は事故によるケガをされた場合の「死亡」「後遺障害」「入院」「手術」「通院」が基本的な補償内容です。普通傷害保険の場合、性別、年齢、健康状態で保険料は変わりませんが、職業や職種によって異なります。