がん保険の基礎知識

最近、テレビでも「がん保険」のCMをよく目にする
という方も多いのではないでしょうか?

しかしながら、
「がん保険ってどんな保険なの?」
「医療保険とはどう違うの?」
「本当に必要なの?」
など、詳しいことはよくわからないという方も多いのではないでしょうか?
このページでは、そんながん保険について、
保険に詳しくない人にもわかりやすく解説していきます。

<POINT1> がん保険とは?

がん保険とは、その名の通り、がんになった時に保障を受けることができる保険です。
似た保険に「医療保険」がありますが、医療保険が病気やケガ全般に対する保障であるのに対して、がん保険はがんに特化した保障内容になっています。

がん治療は費用が高額になり、入院期間も長くなる可能性があります。そのため、保障の対象をがんに限定することで、医療保険よりも診断給付金や入院日数の制限などが手厚い保障内容になっています。

<POINT2> がん保険の保障内容を知ろう

がん保険に限らず、保険は「主契約」と「特約」で構成されています。

「主契約」とは、その保険に加入すると標準で付いてくる、その保険の柱のような保障です。それに対して「特約」は、主契約に追加で付けるオプションのようなものです。

ある保険会社では主契約になっている保障が、他の保険会社では特約になっていることもあります。選ぶときは、きちんと保障内容を理解することが大切になってきます。

<POINT3> がん保険の選び方

表面的な情報だけで、給付金を受け取ることができるかどうかや、契約の切り替えなどを判断してしまうと、「こんなはずじゃなかったのに…」といったこともあるかもしれません。

例えば、

  • がん保険には「待ち期間」があります
  • 「診断給付金」の支払い条件や支払い回数をチェック
  • 「上皮内新生物」でも給付金は受け取れる?
  • 過去に病気になった人でも加入できる?

など、気を付けておきたい点がいくつかあります。

<POINT4> がんの治療について

実際にがんの治療費はどれくらいかかるのでしょうか? がん保険を考えるときは、がんの治療や費用などの情報も役立つと思いますので、参考にしてみましょう。

AFH283-2020-0012 3月23日(210323)