がんの治療

がんの治療

がんの保険に加入することは、つまりはがんの治療に備えることです。
がん治療にかかる費用については、別のページでご紹介しましたが、実際にがんの治療を受ける場合、どのような治療になるのでしょうか?
がん治療にかかる費用

あまり詳しくご存じの方も少ないと思いますので、このページで分かりやすく解説していきます。

がんの治療法は主に3種類

がんの治療方法は、大きく分けると下記の3種類です。

  • 手術療法
  • 化学療法(抗がん剤療法)
  • 放射線治療

これらの治療法を単独、または他の治療方法とも組み合わせて行われるのが一般的です。

手術療法

文字どおり、手術によりがん組織を切り取ってしまう治療法です。
転移の可能性の少ない早期のがんの場合には、手術で切り取ってしまうことで完治します。また、進行性のがんの場合でも、目に見える大きながん組織は、手術によって切除することが多くあります。
また、がん巣が大きく、手術で切除すると他の健康な組織にも影響が出てしまいそうな場合には、化学療法や放射線治療などによって、がん巣を小さくしてから、手術で切除する方法が取られることもあります。
このように手術療法単独だけでなく、他の治療法と組み合わせて治療していくこともあります。

化学療法(抗がん剤治療)

化学療法とは、抗がん剤を用いることでがん細胞の増殖や転移を遅らせる治療方法です。そのため「抗がん剤治療」と呼ばれることもあります。
手術療法や放射線治療が、局所的な治療であるのに対して、化学療法はより広い範囲に効果が及ぶことが期待されます。そのため、場所が限定されない血液のがん(白血病や悪性リンパ腫)や、幅広く転移している可能性が高い場合に使用されることが多くなります。
また、抗がん剤は一種類だけで使う場合と、複数のものを組み合わせて治療する場合があります。薬の種類によっては、飲み薬であったり注射であったりさまざまです。

●抗がん剤の副作用

化学療法を行った場合、がん細胞だけでなく健康な細胞も傷つけてしまうため、副作用が出ます。副作用が出てくる時期や症状は、使用する抗がん剤やどの組織に影響を与えたかによっても変わってきますが、下記のような症状が一般的です。

  • 吐き気/嘔吐
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 倦怠感
  • 口内炎
  • 脱毛
●化学療法のみで実施する治療

化学療法のみで治療を行う場合は、下記のような目的で行われます。

・進行再発がんの治療
がんの進行を遅らせるために化学療法を行います。

・白血病や悪性リンパ腫などの血液のがんへの治療
血液のがんの場合、手術で治療することができません。そのため、化学療法による治療で完治を目指します。

●放射線治療と併用して化学療法を行う場合

放射線治療でがんを小さくしながら、同時に化学療法で転移と再発を予防します。

●手術療法と併用して化学療法を行う場合

・手術前に行う化学療法
大きながんを化学療法で小さくしてから、手術で摘出します。手術で切り取る部分を小さくすることで、健康な部位への負担を軽減します。

・手術後に行う化学療法
手術で取り除いた後にも目に見えないがん細胞が残っている可能性があるため、再発や転移を予防するために化学療法を行います。

●自由診療の抗がん剤治療

通常の国内で認可された抗がん剤を用いて治療を行う場合には、健康保険の適用内に収まるため、高額療養費制度も適用できます。

がん治療にかかる費用

しかしながら、国内の抗がん剤では十分に効果が得られない場合には、国内では認可されていない抗がん剤を使用するともできます。認可されていない抗がん剤については、健康保険の適用外ですので、全額自己負担で治療を受けることになります。(健康保険適用外の治療を受けることを「自由診療」といいます。)
日本国内では、抗がん剤の認可がおりるのにとても時間がかかります。そのため、海外では効果が認められ、認可されている最新の抗がん剤でも、国内では認可されていないことが多くあります。

放射線治療

放射線治療とは、文字どおり放射線をがん細胞に照射することで、がんを死滅させる治療法です。
手術療法と同様に、がんとその周辺のみを治療するため、局所的な治療です。手術と大きく異なる点としては、臓器を摘出する必要がないため、体への負担が少なくて済むところです。

●放射線ががん細胞を死滅させるメカニズム

放射線は、細胞のDNAに直接作用して、細胞が分裂する能力をなくすことができますので、がん細胞の増加を抑えることができます。また細胞が自ら死んでいく過程であるアポトーシスという現象を増強して、細胞を死に至らしめます。
放射線はがん細胞だけでなく正常な細胞にも同じように作用しますが、正常な細胞はがん細胞より損傷の程度が軽く、治療後に正常な状態に戻ることがほとんどです。

●放射線治療の副作用

正常な細胞はがん細胞より放射線の影響を受けにくいと前述しましたが、それでも正常な細胞にも照射されるため、副作用が現れます。副作用の症状は、照射した部位によって変わってきますので、それぞれの部位ごとの主な副作用についてまとめます。

急性期の副作用(治療中/治療終了直後の副作用)

晩期の副作用(治療終了後半年~数年で起こる副作用)

●陽子線治療と重粒子線治療

がん治療において注目されている先進医療が、陽子線治療と重粒子線治療です。
がん細胞に放射線を当てて、がんを小さくする「放射線治療」の一種なのですが、通常の放射線治療では、正常な細胞にも放射線を照射してしまうため、正常な細胞にダメージを与えてしまいます。
陽子線治療や重粒子線治療は、体の表面では放射線量が弱く、体深くにあるがん細胞に照射する放射線が最大になるようにできる治療法ですので、周りの細胞に悪影響を与える可能性が低くなるといわれています。

※「先進医療」とは、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
がんの治療には、主に「手術療法」「化学療法」「放射線治療」の3種類があります。
それぞれの治療費については、通常の国内で認可された抗がん剤を用いて治療を行う場合などのように、健康保険の適用内に収まれば、高額療養費制度などを活用できますが、自由診療の抗がん剤の使用や、先進医療の陽子線治療や重粒子線治療を行う場合には、高額の医療費がかかってくる場合があるため、注意が必要です。

治療費に関しては『がん治療にかかる費用』ページをご参照ください
先進医療に関しては『がん保険の特約』ページをご参照ください

AFH283-2020-0012 3月23日(210323)