自動車保険の基礎知識

私たちの生活にとって、自動車は切っても切れないものです。
しかし、便利な自動車でありながらも、
その自動車によって交通事故という不幸なことが起こりうるのも事実です。

このページでは、万一の交通事故に備えるための
「自動車保険」について、きちんと考えてみましょう。

<STEP1> 自動車保険とは?

自動車保険は、自動車に関する事故や損害が発生した際に、保険金によって損害を補償する、損害保険の一種です。万一ご自身が交通事故を起こしてしまった場合、相手に対する損害賠償が非常に高額となることが考えられます。そのために、自動車保険への加入が必要であると考えられます。

自動車保険には「自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)」と「任意保険」の2種類があり、補償される内容や保険金、保険料や加入方法など、しくみが大きく異なります。

「自賠責保険」は車両を所持する全ての人に加入が義務付けられている「強制保険」です。自賠責保険に加入していない車両を運転すると法律で罰せられます。
自賠責保険の保険料はおおむね車種によって一律で定められており、補償される内容も一律で定められています。自賠責保険で補償されるのは、ケガを負わせたり死亡させたりした「他人」のみが対象となり、その金額の上限は車種に関わらず一律です。また、相手の車両や建物などに対しては一切補償されません。

このような自賠責保険のみでは賠償しきれない金額を補うために、ご自身の意志で加入する保険が「任意保険」です。任意保険では「基本補償」と「特約」を組み合わせることにより、ご自身の家族環境や所有する車両の種類に合ったさまざまな補償を受けることができ、必要となる保険料も内容や保険会社によって変わります。

「だいたいのことは、わかっているつもりだけど・・・」という方も多いと思いますが、自動車保険の基本的な特徴をきちんと理解して、万一の事故に備えられるようにしておきましょう。

<STEP2> 自動車保険の選び方

自動車保険の基礎について学んだら、いよいよ自動車保険選びについて考えましょう。
保険会社によって、補償される内容や金額が違うのはもちろんですが、同じ保険会社の自動車保険でも、基本補償の項目や特約を自由に選ぶことにより、多種多様なカスタマイズができて、必要となる保険料も変わってきます。

例えば家族の中で運転をするのはご自身のみなのか、配偶者や子どもが運転することはあるのかといった状況にあわせるだけでも保険料が変わる場合があります。また基本補償において、補償してもらえる上限金額を設定したり、不要と思われる基本補償を外したりすることで、保険料を抑えることもできます。

「この保険に入っておけば誰でも安心」といったような、全てのドライバーに適した自動車保険商品というものはありません。ご自身の所持する愛車の車種や年式、ご自身の年齢や家族構成などさまざまな状況を考慮して、ご自身により適した自動車保険をきちんと選ぶことが大切です。

<STEP3> 自動車保険の気になるポイント

ここまで自動車保険について調べてきましたが、自動車保険に関連することで特に気になる点や気を付けた方が良いポイントをピックアップしました。

実際に事故が起きてしまった時、相手の過失が100%となるような事故だった場合は、ご自身の自動車保険を利用する必要はありませんが、代わりに相手の加入している自動車保険で全て賄われることとなり、自分側の保険会社による示談交渉サービスを受けられず、ご自身で相手方の保険会社の担当者と交渉をしなければならない場合があります。このような時に、弁護士を介して示談交渉をするための費用を補償してもらえる「弁護士費用特約」という特約もあります。

このように、表面的な自動車事故によって受けたり与えたりした以外の損害に対して、補償を受けられる特約やサービスも色々ありますので、自動車保険の加入時や更新時には、そのようないざという時に頼りになる特約や付随して受けられるサービスの内容も考慮したうえで、じっくり検討することが大切です。

自動車保険の加入や見直しをきちんと考えたいと思っているみなさんに、是非参考にしていただきたいと思います。