自動車保険の主な基本補償内容

自動車保険の主な基本補償内容

自動車保険(任意保険)は、自動車に関連する事故が発生した際のさまざまな損害に対して補償を受けられる保険です。しかしその補償の内容はさまざまです。
これから新たに加入を検討される方も、すでに加入されている方も、事故の相手に対する損害はもちろん、ご自身が受けた損害に対してどのような補償を受けることができるのかを、きちんと理解しておきましょう。

任意保険の補償内容とは?

自賠責保険で補償されるのは、事故に遭われた方=人間のみの補償(対人補償)です。例えば、信号待ちなどで追突してしまった、ハンドル操作を誤って民家や建物を壊してしまった場合など、相手の自動車や家屋などへの補償(対物補償)は一切ありません。また、事故を起こしたご自身のケガなども補償されません。

これを補うための任意保険では、自動車事故で発生した損害に対して、さまざまな補償内容があります。希望する補償内容を組み合わせたり、補償の対象となる範囲を制限したりすることで、保険料が変わってきます。

ここでは任意保険で補償される主な基本補償について、きちんと理解しておきましょう。

※保険会社によって名称が異なり、また基本補償ではなく特約に含まれる場合があります

対人賠償保険

対人賠償保険

交通事故により他人にケガを負わせたり死亡させたりした際、いわゆる人身事故の被害者への損害賠償の金額を補償するのが「対人賠償保険」です。

このような時、加入が義務付けられている自賠責保険による補償も受けることができますが、自賠責保険による対人賠償の金額は上限が一律で定められています。
任意保険による対人賠償では、自賠責保険による対人補償金額の上限を超過した分を補償してもらうことができます。

例えば、交通事故で相手を死亡させてしまい、損害額が5,000万円だった場合、自賠責保険による補償金額の上限は3,000万円であるため、差額の2,000万円は任意保険の対人賠償から支払われることになります。

この例のように、実際の事故においては自賠責保険による補償金額の上限を超えることが多いため、任意保険による対人賠償は必要不可欠であるといえるでしょう。そのような背景もあり、任意保険への加入時において対人賠償保険は必須となっていて、またその保険金額は無制限となっています。

ただし、事故を起こした車両を運転していた契約者本人や同乗していた家族などが死傷した場合、この対人賠償保険では補償されません。後述する「搭乗者傷害保険」や「人身傷害保険」についても参照してください。

対物賠償保険

対物賠償保険

交通事故により他人の車両や家屋などを壊したり傷つけたりした際、いわゆる物損事故の被害者への損害賠償の金額を補償するのが「対物賠償保険」です。

例えば、運転を誤って店舗などに突っ込んで壊してしまった場合など、建物の修復に要する期間中にその店舗が営業できず、本来得られるはずだった利益を損失する場合があります。このようなケースの場合、損害賠償額がかなりの高額になることも考えられます。
このような営業上の損害に対しても、対物賠償保険の範囲内で補償されます。

近年においては、一般の家屋や車両を壊してしまった場合においても、損害賠償額が高額になることも多くなってきています。そのような点から、対物賠償保険も対人賠償保険と同様に加入が必須となっています。保険金額についても無制限を選択することが強く推奨されていますが、無制限以外でも加入は可能です。

補足ですが、ご自身の車で相手のペットをひいてしまった場合などは、ペットはあくまで「財物」として扱われるので、原則として対物賠償保険による補償の対象となります。

搭乗者傷害保険

火災

対人賠償保険においては、事故を起こした契約車両を運転していた契約者自身や同乗していた家族などに対する補償はありません。このような場合でも、運転していた契約者自身や同乗者のケガや死亡に対して補償されるのが「搭乗者傷害保険」です。

その保険金額について、死亡や後遺障害の場合についてはどの保険会社でも同様になっていますが、ケガの場合の保険金額は保険会社によってまちまちです。ケガの部位や程度、そのケガの治療に要した日数などにより、受け取れる保険金が予め決められています。
この場合の保険金額は、実際に治療に必要となった治療費ではありませんので、その治療費より多く受け取れる場合もあれば、足りない金額しか受け取れない場合もあります。

この搭乗者傷害保険については、相手のある事故の場合でも相手のない事故(単独事故)の場合でも、補償を受けることができます。相手のある事故でご自身が被害者の場合においても、相手からの損害賠償を受けつつ、ご自身の搭乗者傷害保険で補償を受けることもできます。

ただし、搭乗者自身に重大な過失がある事故や、故意に起こした事故に対しては補償の対象外となります。
例えば、走行中に窓から手や身体を出していてケガをした場合や、定員オーバーやシートベルト未着用、酒気帯び運転などといった交通違反走行中に起きた事故の場合は、搭乗者傷害保険での補償を受けることができません。
またその他の状況においては、保険会社ごとに判断が異なる場合もありますので、保険加入時には内容をよく確認しておきましょう。

人身傷害保険

人身傷害保険

保険契約者や家族など、搭乗者が死傷した際に、その過失割合にかかわらず補償される保険が「人身傷害保険」です。

前述した「搭乗者傷害保険」と似た内容ですが『過失割合にかかわらず』という点が大きく異なります。また、その事故に関する示談交渉の結果を待たずに保険金を受け取ることができるので、治療費やその他の生活費などが即座に必要な場合にも効果的だと考えられます。

また、人身傷害保険では、歩行中や自転車走行中、契約車両以外の車に乗っている時でも補償の対象となります(加入時の制限によって対象外となることもあります)。
そのため、例えば家族で合計3台の自動車を保有している場合、そのうちの1台のみに人身傷害保険(契約車両搭乗中以外も補償される設定になっているもの)に加入していれば、他の2台の車を運転中に事故が起きた場合でも、人身傷害保険による補償を受けられます。つまり、家族で保有しているすべての車に人身傷害保険を付ける必要はないのです。

家族で保有するすべての車に対して人身傷害保険をつけている場合は、補償が重複して保険料のムダになっている可能性も考えられます。ご家族の自動車保険の内容もあわせて確認してみましょう。

車両保険

車両保険

契約した車両自体の損害について補償してもらえるのが「車両保険」です。

これは交通事故による損害のみでなく、「イタズラで車のボディーに傷をつけられてしまった」「朝起きたら車が盗難されていた」など、相手のいない(わからない)損害に対しても補償してもらうことができます。

車両保険は基本的にオプションとなっていて、車両保険を付ければそれだけ保険料も高くなりますが、補償してもらえる範囲を絞ることで、保険料の金額を抑えることもできます。
「相手がわかる(確認できている)車同士の事故のみ」を補償の範囲に絞る場合(「車対車」)は保険料が一番安く、これに加えて「車両の盗難やイタズラ、台風や洪水などの災害まで」を補償の範囲とした場合(「車対車+A」)、さらに「相手のいない自損事故や当て逃げなども含めた全て」を補償の範囲とした場合(「一般車両保険」)と順に、支払うこととなる保険料は高くなります。

車両保険のタイプと補償範囲
※上記は一般的な車両保険のタイプとなり、保険会社や商品によって補償範囲や補償内容の異なる場合があります

新車や高級車などの場合は、車両の価値自体が高いものですので、万一愛車に何かあった時に車両保険で補償してもらえると安心です。ご自身の過失による事故の場合は仕方ないとしても、買ったばかりの車が盗難されてしまったり、当て逃げされてしまったりした時のショックはかなりのものですし、修理や再購入にかかる費用を考えると非常に負担も大きいものとなることがあります。
逆に古い中古車などで、補償される金額の見込みが低い場合には、車両保険を付けたとしても、支払う保険料に対して割に合わなくなる場合もあります。

車両保険を利用することとなれば保険の等級も下がり、次回更新以降の保険料が高くなってしまうことにもなりますので、愛車の現在の市場価値や実際にいくらまで補償してもらえるかなども考慮して、車両保険を付けるか付けないかを検討すると良いでしょう。

私の車にも必要?車両保険について考える

無保険車傷害保険

無保険車傷害保険

契約者本人や家族が自動車事故の被害者となった時、相手の自動車保険が使えない場合に、ご自身の契約している保険から保険金を受け取ることができるのが「無保険車傷害保険」です。

相手の自動車保険が使えない場合とは主に以下のような状況です。

  • 自賠責保険のみで任意保険に加入していない
  • 任意保険の保険金額が損害額に足りていない
  • 家族限定や年齢条件の範囲を超えた運転者だったため、任意保険が使えない
  • 自賠責保険に入っていない、または期限が切れている
  • 当て逃げ、ひき逃げで相手がわからず補償の請求ができない

このような状況であっても、被害者であるご自身に対して補償をしてもらえるありがたい保険です。

無保険車傷害保険は原則として、任意保険に必ず含まれる保険になります。万一相手による損害賠償を受けることができなくても、ご自身が任意保険に加入していれば補償を受けることができます。
ただし、ご自身が酒気帯びや無免許状態といった交通違反走行中や、暴走行為などの危険運転中や故意の事故については補償されませんので、安全運転に努めていることが第一です。

自損事故傷害保険

自損事故傷害保険

電柱やガードレールに激突するなどして、ご自身のみに損害があった場合に補償を受けられるのが、「自損事故傷害保険」です。

相手のいないいわゆる「自損事故」はもちろん対象ですが、相手があっても完全に自分が悪い(過失100%)事故などの場合は、相手の保険による補償を受けられませんので、これも自損事故傷害保険の補償対象となります。
ただし、無保険車傷害保険と同様に、酒気帯びや無免許状態といった交通違反走行中や、暴走行為などの危険運転中や故意の事故については補償されません。

任意保険に加入する際には、自損事故傷害保険が自動的に含まれていることが多いですが、人身傷害保険にも加入する場合についてはこちらでカバーできるため、自損事故傷害保険を外すことができる(外される)場合もあります。

まとめ

主な基本補償の内容についてまとめましたが、必ずしも全ての補償を持つ必要はありません。補償内容によっては別の基本補償や特約でカバーできることもありますし、車両保険のように車両の年式や価値によって判断すべき補償もあります。

基本的な概念として、自動車保険の任意保険で補償されるのは「相手」「同乗者」そして「ご自身」です。
明らかにご自身に過失がある時に賠償責任を負うのは当然のこと、相手に過失があっても相手から充分な賠償を受けられない可能性もあります。さらには相手の特定できない事故などでご自身が被害者となることも考えられます。
任意保険は、自動車にまつわるさまざまな損害に対して備えることができる保険です。もちろん、最低限である自賠責保険ではカバーできない金額や範囲について備える意味合いもあり、相手にとってもご自身にとっても充分な補償を受けられるようにする保険だといえるのではないでしょうか?