自動車保険の等級制度について

自動車保険の等級制度について

自動車保険には他の種類の保険にはない大きな特徴として「等級」と呼ばれる制度があります。

平たく言うと「無事故無違反を続けていると上昇する、ドライバーの優良度を示す指数」であり、等級が上がれば上がるほど、保険料が優遇される制度です。

ではその等級は、どんな時に上がり、どんな時に下がり、どのように優遇または冷遇されるのか、詳しく見ていきましょう。

等級制度の基本的なしくみ

個人で契約しているような一般的な自動車保険は、「ノンフリート等級」と呼ばれる制度に基づいて、保険料の割引率や割増率が決められています。ノンフリート等級では「1等級」から「20等級」までの20段階に振り分けられます。

はじめて自動車保険を契約する場合は、原則「6等級」からのスタートとなります。(※一部条件により「7等級」からのスタートとなる場合もあります)
自動車保険契約から1年間を無事故で過ごし、自動車保険による補償を受けなかった場合、翌年の契約更新時に等級が1つ上がり「7等級(8等級)」となります。そのまま何年も引き続き無事故であれば、最高の「20等級」まで上がることになります。

逆に事故を起こしてしまい、自動車保険による補償を受けた場合は、翌年の等級が下がることになります。一般的には、人身事故や物損事故、自損事故など、契約者本人の過失による事故に対して補償を受けた場合は3つ、契約者本人には避けることができないような災害やイタズラによる損害に対して補償を受けた場合は1つ、等級が下がります。何度も事故を起こした場合は等級が下がり続け、最低の「1等級」まで下がることもあります。1等級になった場合は、保険料が最大割増になるうえに、翌年の継続契約や新規契約ができなくなるという非常に大きなデメリットもあります。

一度下がってしまった等級も、翌年1年間を無事故で過ごせば等級が1つずつ上がります。いずれにしても、無事故を心がけていればそれだけ保険料が割引になり、結果的に保険料の節約になるといえるでしょう。

等級による割引率、割増率

ノンフリート等級制度による保険料の割引率、割増率は保険会社により若干異なりますが、おおよその目安は下記の表をご覧ください。

ノンフリート等級による割引割増率(継続契約時)※一例
※割引率、割増率は保険会社により若干異なる場合があります

7等級以上における「事故なし」「事故あり」による割引率の違いは、2013年10月の等級制度改定により新たに設けられた区別になります。

例えば、過去3年以上無事故であった「12等級」の人の割引率は「48%」です。その人が3等級ダウンとなる事故を起こして保険を使った場合、翌年更新時の等級は「9等級」となりますが、その時の割引率は「22%」となります。
「事故あり」による区分は、1等級ダウン事故の場合は翌年の1年間、3等級ダウン事故の場合は翌年以降3年間継続して適用されます。つまり・・・

「事故なし/事故あり」による等級および割引率の変動イメージ(例)
※割引率、割増率は保険会社により若干異なる場合があります

このように、事故を起こした年から4年後に等級が元の「12等級」に戻るとともに、割引率の適用も「事故なし」に戻ることになります。

なお「事故あり」の適用期間の上限は6年間となります。1年間に2回、3等級ダウン事故を起こした場合は翌年以降の6年間ですが、1年間に3回事故を起こした場合でも上限である6年間となります。

ノンフリート等級による割引割増率(新規契約時)※一例
※割引率、割増率は保険会社により若干異なる場合があります

新規契約時に限り、上の表のような割引割増率が適用されます。新規契約時は初心者ドライバーやペーパードライバーである可能性も考え得るため、継続契約時に比べると割引率が抑えられている傾向があります。

新規契約が7等級スタートとなる条件とは?

これはズバリ「セカンドカー割引制度(複数所有自動車割引制度)」です。
個人または家族で車を2台以上所有することになった時、2台目以降の車に対する自動車保険の新規契約を「7等級」からスタートとすることができます。等級による割引が1年分優遇されますので、非常にメリットの大きい制度であると考えられます。

●この制度が適用されるには、以下のような条件が必要です。

  • 1台目とする車の自動車保険契約がノンフリート等級11等級以上である
  • 1台目とする車の所有者が個人名義である
  • 1台目とする車の車種が自家用車種(※)である
  • 2台目となる車がはじめての自動車保険契約をする車である
  • 2台目となる車の車種が自家用車種(※)である
  • 2台目となる車の所有者が個人名義である
  • 2台目となる車の所有者および記名被保険者が「本人」「配偶者」「同居の親族」である

※自家用車種:自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用軽四輪貨物車、自家用小型貨物車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2.0t以下)、特殊用途自動車(キャンピングカー)

細かい条件ではありますが、一般的には個人で購入・所有する自家用車であれば、セカンドカー割引の対象となり得るでしょう。

また、セカンドカー割引においては、1台目と2台目の自動車保険を契約する保険会社が異なる場合でも適用されます。
一般的には他に所有している車の有無を確認したうえで2台目の契約手続きを進めてもらえることが多いですが、別の保険会社で契約する場合は特に、セカンドカー割引を利用したい旨をご自身で伝えた方が確実ですので、ご注意ください。

等級が下がる場合と下がらない場合

万一「1等級」になってしまった場合、保険料が最大の割増になるのは当然なのですが、翌年の契約更新ができない、別の車を買った場合には、自動車保険の新規契約ができないなど、非常に大きなデメリットとなるでしょう。

さて、事故を起こした場合は必ず等級が下がるのかというと、そうではありません。厳密には「事故の損害に対してご自身の自動車保険を利用して保険金の支払いを受けた」場合に、等級が下がることになります。つまり、たとえ重大な損害を与える事故を起こしてしまったとしても、保険金を利用せず、全て自腹で賠償をした場合は、自動車保険の等級は下がらず、他に事故を起こしていなければ、平年どおり等級が1つ上がることにもなります。

また保険の利用をした場合でも、その事故の内容によっては等級が全く下がらないケースもあります。
これは一般的に「ノーカウント事故」と呼ばれ、事故の件数としてカウントされないケースとして扱われます。

例として、信号待ちで追突されたというような100%相手の過失による事故において、ご自身の車の修理費と治療費は相手の自動車保険から賠償を受け、別途ご自身の自動車保険から「人身傷害保険」のみの保険金を受け取った時、この場合にはご自身の保険の等級は下がりません。

●「ノーカウント事故」として扱われるのは、主に以下の基本補償や特約を利用した場合です。

  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • 弁護士費用特約
  • 個人賠償責任特約
  • ファミリーバイク特約
  • ロードサービス  など

※保険会社によって名称が異なり、また基本補償ではなく特約に、特約ではなく基本補償に含まれる場合があります

ただし、これらの補償や特約を利用した場合でも、後で挙げるような等級ダウンを伴う事故に対する支払いを同時に受けた場合は、等級が下がることになりますのでご注意ください。

続いて、等級が下がるケースは「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」となります。

●「1等級ダウン事故」として扱われるのは、主に以下のような状況に対して「車両保険金の支払いを受けた」という場合です。

  • 盗難による被害
  • 台風、洪水などの災害による被害
  • 火災、爆発などによる被害
  • いたずら、落書きなどによる被害
  • 飛び石、落下物との衝突などによる被害  など

これらについては、修理工場に修理費の見積りをしてもらったうえで、保険会社にも相談しましょう。
軽微な修理で済む場合は自費で修理費を支払った方が、等級が下がらずに翌年の保険料も安くなるということでもありますが、万一同じ年の内に重大な事故を起こしてしまった場合、年間事故2回という扱いとなり、等級が下がるだけではなく保険契約の継続が難しくなる恐れもあるからです。

●最後に「3等級ダウン事故」となるケースです。

これは平たくいえば、上記の「ノーカウント事故」「1等級ダウン事故」にあてはまらないケースについてはすべて「3等級ダウン事故」となります。基本的にご自身に賠償責任が発生する自動車事故の場合は、3等級ダウン事故として扱われ、翌年の更新時は等級が3つ下がることになります。

なお以前は「1等級ダウン事故」の代わりに「等級据え置き事故」と呼ばれる制度がありました。これは現在の等級が翌年も継続されるものでしたが、2012年10月以降に等級制度の改定があり、各保険会社において順次「等級据え置き事故」が廃止され、現在の「1等級ダウン事故」として扱われるようになりました。

他にも「等級プロテクト特約」と呼ばれる特約が各保険会社で取り扱われていたこともありました。これは等級がダウンすることとなる事故により保険金を支払われた場合でも、翌年の等級をダウンせず同じ等級で据え置くという特約でしたが、上記の「等級据え置き事故」と同様に順次廃止となりました。

等級の家族間引き継ぎについて

例えば、18歳の子どもが運転免許を取得し車を買った場合、その時にはじめて契約する自動車保険は新規契約全年齢担保の6等級となるため、前述した「ノンフリート等級による割引割増率(新規契約時)」の表からみると、23%割増の保険料となります。
初心者ドライバーとして乗るはじめての車ですので、保険料が高いからといって任意保険を無保険で乗るという選択肢は考え難いでしょう。

こんな時、親の等級が高い場合には、等級の家族間引き継ぎをすることも検討してみてはいかがでしょうか?

・親:20等級/事故なし…63%割引
・子:6等級/新規契約/全年齢担保…23%割増
 ↓
・親:6等級/新規契約/30歳未満不担保…5%割引
・子:20等級/事故なし(引き継ぎ)…63%割引
※割引率、割増率は保険会社により若干異なる場合があります

このように家族トータルで見れば、「23%割増」だったはずの新規契約が「5%割引」からスタートできることになります。もちろん、親と子で所有・購入する車種が異なるでしょうし、それぞれの条件に合った補償内容や特約、年齢条件等を考慮する必要があるので、単純な値引きとはなりませんが、子どもの自動車保険だからと手厚くしても最高の割引率で対応できるため、結果的には保険料を抑えることができると考えられます。

家族間引き継ぎができる「家族」とは、「契約者の配偶者」「契約者の同居親族」「配偶者の同居親族」であることが条件となります。例えば、親元を離れて暮らしている子どもなどは当てはまりません。
また家族間引き継ぎをする「車」については、「家族で新たに車を購入した場合」「家族で複数所有している車のうち1台を廃車や譲渡などで乗らなくなった場合」に家族間引き継ぎが可能となります。

また前述したように「セカンドカー割引制度」が適用されて、新規契約分が7等級からスタートできる可能性もあります。いずれにせよ家族で複数台所持している場合や新たに追加で1台購入することになった場合は、同じ内容の保険を契約するとしても保険料を安く抑えることができるかもしれませんので、保険契約の担当者へ相談をする時に、その旨を伝えて試算してもらうと良いでしょう。

まとめ

「事故を起こさない」⇒「等級が上がる」⇒「保険料が安くなる」というしくみについて、ご理解いただけましたでしょうか?
日頃から無事故無違反運転を心がけ、自動車保険を使う必要のなかった結果がその人の「等級」として評価され、その対価として、翌年もその先も継続して保険料を節約できることにつながるのです。

ですが、あくまで「安全運転に努める」ことが大事なのであって、決して「保険料を安くしたいから安全運転しよう」とか「早く20等級にしたいから」などと思わないようにしていただきたいと思います。

ご自身が充分すぎるくらい気を付けて運転していても、もらい事故や不意の飛び出しなどで、避けられない自動車事故が起きてしまうこともあるものです。しかし、万一事故が起きてしまった場合でも、その内容によっては「等級が下がらない(保険料が割増にならない)」場合もあることをきちんと理解していただいたうえで、その「万一」に備えておくことで悲しい事故による被害や損害賠償を最小限にすることが、何よりの安全運転であると思います。