補償内容?保険料?自動車保険選びのポイント

補償内容?保険料?自動車保険選びのポイント

自動車保険を選ぶとき、補償内容や特約、これから支払うことになる保険料など、ポイントが多すぎてどこに注目すれば良いかわからない方もいらっしゃるでしょう。また同等の補償内容であっても、契約する保険会社によって保険料が変わったり、付帯されるサービス内容や事故対応の質やスピードに特徴があったりということも考えられます。

ここでは自動車保険を契約するにあたり、項目ごとに注目すべき点や、是非気を付けておいていただきたい点などをまとめてご紹介します。

補償内容から自動車保険を考える

まず注目すべきポイントとしてはやはり「補償内容」です。
万一の事故が起きてしまった時、頼ることになるのはその補償内容と補償額です。保険料を安く抑えたいがために補償内容を削ってしまったおかげで、いざ利用しなければならなくなった時に補償してもらえない、補償額が足りない・・・なんてことはどうにかして避けたいものです。
もちろん、自動車保険を使うことにならなくて済むことが何よりなのですが、とはいってもやむを得ず避けられない事故に遭遇してしまう可能性もゼロではありません。ですので、さまざまな可能性を踏まえて、備えておくと安心な補償内容を組み合わせて持っておくことが大切です。

なお、主な基本補償内容の詳細については別ページをご参照ください。
自動車保険の主な基本補償内容

●「対人賠償保険」と「対物賠償保険」

まずこの2点については、最低限用意しておきたい補償です。
・「対人賠償保険」…無制限
・「対物賠償保険」…無制限

交通事故により他人にケガを負わせたり死亡させたりした際の被害者への損害賠償の金額を補償するのが「対人賠償保険」、交通事故により他人の車両や家屋などを壊したり傷つけたりした際の被害者への損害賠償の金額を補償するのが「対物賠償保険」です。
この2点はいずれも非常に高額の損害賠償が必要となる恐れがありますので、どちらも無制限にしておくべきだと考えられます。

しかし、この2点は実は自動車保険の任意保険を契約する際には必須項目となっています。さらに対人賠償保険に関しては「無制限であること」自体が必須となっています。ですので、対人賠償保険と対物賠償保険については、その補償内容自体を検討要素とする必要がないともいえるでしょう。

ただし、対物賠償保険に関しては無制限以外を選ぶことも可能です。しかし、例えば事故の相手の車が高級車であったり、家屋などの建物が高額であったりという場合、それなりの補償金額は必要ですが無制限までは必要ないのでは、ということも考えられますが、店舗などを壊してしまった場合など、建物の修復に要する期間中にその店舗が営業できず、営業上の損害に対しても賠償責任を負わなくてはならないケースもあり、建物に対する損害賠償のみでは賄いきれない可能性も出てきます。対物賠償保険の補償限度額を下げることで抑えられる保険料はさほど大きな差とはなりにくいため、やはり対物賠償保険も無制限にしておくのが無難です。

●「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」

この2点については内容が似ている点もあり、どちらを付ければ良いのか、またはどちらも付けておくべきなのか、検討要素としては判断が難しいところです。

前提として、ご自身と相手のどちらの過失割合が高くても、(結果的には)どちらの補償も受けることができますし、仮に相手の過失100%の事故だった場合、これらの補償のみをご自身の保険から受けることになった際は「ノーカウント事故」扱いとなり、ご自身の等級が下がることなく利用できますので、どちらも損はないと考えられます。

人身傷害保険については「過失割合に関わらず補償される」という点により、相手の方の過失が100%の場合においても、示談交渉の結果を待たずに保険金を受け取ることができるメリットがあります。万一過失割合についての示談交渉において長期にわたりもめることになった時、相手の対人賠償保険による支払いを待つことになったとしても、まずご自身の治療費については人身傷害保険で賄うことができます。

実際に受け取れる補償額については、人身傷害保険の場合は実際にかかった治療費分が補償されるのに対し、搭乗者傷害保険の場合はそのケガの部位や程度、治療に要した日数によって金額が決められています。結果的に搭乗者傷害保険の方が受け取れる金額は高くなる可能性も低くなる可能性もあります。
ただし、死亡や後遺障害の保険金に関しては、搭乗者傷害保険ではどの保険会社でも同様になっているのに対し、人身傷害保険では保険契約時にご自身で設定しておくことができます。もちろんこの設定金額によって保険料が変わりますので、人身傷害保険の方が保険料も高くなることが考えられます。

●「車両保険」

取捨選択の候補として、一番検討しやすいのが車両保険だと考えられます。その理由としては、新車や高級車など「価値が高い車両」においては補償される金額の見込みも高くなるため、万一のためには車両保険を付けておくべきだと考えられます。逆にいえば、中古車や新車購入から年数がそれなりに経過している車両においては補償金額の見込みが安くなっている可能性がありますので、あえて車両保険を付けないことで、保険料を抑えることも考えられるでしょう。

私の車にも必要?車両保険について考える

●「無保険車傷害保険」と「自損事故傷害保険」

この2点については、原則として任意保険に含まれている補償ですので、検討要素とする必要がないともいえるでしょう。

ただし、自損事故傷害保険に関しては、人身傷害保険と車両保険を付けていればカバーできる内容でもあるため、保険会社によっては自損事故傷害保険を外すことができる(外される)場合もありますので、保険の見積り時に確認しましょう。

保険料から自動車保険を考える

実際に支払うこととなる保険料は、補償内容や特約によるのはもちろんですが、ご自身の年齢や自動車を使用することになる人(配偶者、子どもなど)の範囲によって大きく変わることがあります。しかし年齢や家族構成は変えられるものではありませんので、やはり補償内容の選別が保険料を決めることになるでしょう。

また保険料が決まる要素の1つとして「等級制度」があります。無事故無違反を続けていると等級があがり、自動車保険による補償の対象となる事故を起こした場合は等級が下がる制度で、その等級によって保険料が優遇または冷遇されるものです。
ご自身の等級は変えられるものではありませんが、家族で2台目の車を購入する場合に、スタートの等級が1段階アップした状態から始まる「セカンドカー割引制度」を利用できる場合や、子どもがはじめて車に乗ることになった時に、家族間で等級を引き継ぐことで保険料を抑える方法もあります。

自動車保険の等級制度について

また、インターネットによる申し込み、いわゆる「通販型」の自動車保険に申し込むと保険料が割引になることもあります。ただし全ての補償内容をご自身で選ばなくてはなりませんので、充分に理解したうえで申し込みができるという場合は、通販型自動車保険を利用することもおすすめです。

自動車販売店、保険代理店、通販型・・・自動車保険はどこで入る?

このように、ご自身や家族のさまざまな状況を考慮することで、結果的に保険料を抑えられる可能性もありますので、家族内の状況に応じて、自動車保険の補償内容も含めて検討しましょう。どうすればできる限り保険料を抑えることができるのかわからない時は、保険代理店や自動車販売店の保険担当者に相談してみるとよいでしょう。