ロードサービスなど、自動車保険で受けられる付帯サービス

ロードサービスなど、自動車保険で受けられる付帯サービス

自動車保険には加入することで受けられる付帯サービスが多く存在します。その内容は保険会社によって異なります。

以前は自動車保険に加入すると必ず付いてくるというものでしたが、近年では特約に近いイメージもあります。従来どおり、保険に加入している全ての契約者が受けられるサービスもありますが、各種サービス自体が特約やオプションとなっている保険会社の場合は、契約者が選択することでそのサービスを受けられ、サービスを外せば保険料を抑えることができるという保険会社もあります。

自動車保険を選ぶにあたり、どんな付帯サービスがあるのか、どんなサービスを選ぶことができるのかというのも、ひとつの検討要素となるのではないでしょうか?また、実は自動車とは全く関係なくても受けられるサービスが付いてくることもあり、あまり知られていないことも多いですので、せっかく自動車保険に加入しているのなら、有効に活用してみてはいかがでしょうか。

※ここで紹介するサービスやその内容に関しては、特定の保険会社の商品をご案内およびお勧めするものではありません。
※ここで紹介するサービスやその内容に関しては、保険会社によっては取り扱いのないものも含まれます。
※保険会社によって、サービスの名称および詳細内容の異なる場合があります。

ロードサービス ~自動車保険における代表的サービス~

自動車保険に欠かせないサービスといえばロードサービスです。

万一の事故や故障などで車が動けなくなってしまった時などに、レッカー移動や応急処置などを無料でおこなってもらえるサービスですが、そのロードサービスの内容は、保険会社により差があります。
レッカー移動の距離が無制限の場合もあれば、距離制限のある場合もあります。事故による帰宅困難時には宿泊先の情報を提供してもらえることもあれば、その宿泊費用の一部まで補償してもらえることもあります。

実際にロードサービスが必要になった際は、保険会社に電話をすると、保険会社と提携している修理工場やガソリンスタンドなどから救援が来ます。その拠点は全国に広がっていますので、もし遠距離ドライブをしていた時に知らない土地で何かがあっても安心ですね。

今や「自動車保険=ロードサービス」といっても過言ではないくらい、当たり前のサービスですが、保険会社によっては選択できるオプションとなっている場合もあります。その背景には、JAF(日本自動車連盟)に代表される会員制ロードサービスや、クレジットカードに付帯しているロードサービスの存在があります。

これらのロードサービスも内容や対応範囲がそれぞれ異なっていますが、その内容を考慮して、あえて自動車保険にはロードサービスを付けないという選択肢もあります。自動車保険を選ぶにあたり、ロードサービスの有無を選択できる保険会社の場合は、すでにご自身が受けられることになっているロードサービスがあるかどうかを確認し、内容を比較したうえで取捨選択すると良いでしょう。

事故対応サービス ~焦らず的確な行動ができるように~

万一の事故が起きてしまった直後など、焦りや気の動転などから「何をすれば良いのかわからない」となってしまったような経験はありませんか?「保険を使うかどうか」はまだ先のこと、まずは目の前で何が起きているのか、ケガをした人はいるのか、同乗者やご自身はケガをしていないのかなど、状況を把握する必要があります。
そのような時に、まず初期対応をどうすれば良いか、相手への対応をどうすれば良いかなど、適切な行動ができるようにアドバイスなどをしてもらえるのが事故対応サービスです。

問い合わせ窓口は、おおむね24時間365日対応となっている保険会社がほとんどです。さらにその中で、相手方へのケガや修理のための対応やご自身への対応方法なども含め、保険会社の担当者から連絡をもらえることも、24時間365日対応となっている保険会社もあります。
例えば、週末に事故があった場合、週明けの月曜日まで連絡を待つことになると不安が募ることにもなりますが、土日でも迅速に対応を進めてもらえることで、その不安を最小限の期間に抑えられることとなりますので、少しでも早く不安を解消したいという方は、事故対応の迅速さという点を重視しても良いかと考えられます。

示談交渉代行サービス ~専門的な立場で適切な交渉をサポート~

事故が起きてしまった時、契約者が一番困ることが「示談交渉」です。過失の割合にもよりますが、ご自身はもちろん、相手方にとっても、ベストな示談交渉というものは非常に難しいものです。事故を起こしたという焦りから、勝手な自己判断で交渉を受けてしまい、ご自身はもとより相手に対しても適切な補償対応を受けられなくなってしまうのは避けたいものです。

示談交渉代行サービスを受けられる場合は、原則として保険会社の担当者が、その示談交渉を代行します。おおむね相手側も保険会社の担当者が代行することとなりますので、双方の担当者同士が示談交渉を進めてくれることになるでしょう。その示談交渉の結果を受けて、ご自身が相手方に対してどのような対応をすれば良いか、適切なアドバイスをしてもらえることになります。

ただし、ご自身に全く過失のない「過失ゼロ」の事故である場合には、このサービスを受けられない保険会社もありますので、契約時には注意が必要です。
そのような過失ゼロ事故の時でも弁護士による示談交渉代行を受けられるようにしておくために、「弁護士費用特約」を付けておくことも検討が必要でしょう。

自動車保険で弁護士費用特約は必要?