定年後の支出の変化

定年後の支出の変化

60歳定年が一般的ではありますが、会社によっては65歳であったり、また生涯働き続ける職人さんなどもいらっしゃると思います。

「定年後の生活」といわれても、若い方にはピンとこないかもしれませんが、一般的に、60歳を超えてそれまでの収入を確保できるのかというと、厳しい現実があります。
確かに、子どもにかかっていた費用がなくなったり、住宅ローンが終了したりと、支出の状況も変わる方が多いと思います。それでは、その変化をみていきましょう。

定年後の支出の変化

定年後は収入が減少するというのが一般的です。
現役時は、得た収入から必要な生活費を賄い、更に「貯蓄」を行うこともできたのが、定年後は収入が減少し生活費が賄えるだけ。またはそれも足りないため、預金を取り崩すという人もいるかもしれません。
更に年をとると、年金以外収入はないというのが一般的だと思います。

このように、定年後は収入面で大きな変化がありますが、かかる支出面はどうなのでしょうか。

現役時代と老後の年収と生活費

定年後は、社会保険料などの支出が減少する一方で、余暇が増えることによる支出も発生します。

定年後の支出

●定年によって不要となる支出の例
  • 住宅ローン(完済する場合)
  • 会社員としての交際費・食費
  • スーツ・ワイシャツ・ネクタイなど
  • 子どもの教育費・扶養費用(成人・独立の場合)
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料
  • 健康保険料
●定年に関係なく発生し続ける支出の例
  • 食費や光熱費・水道代など生活費
  • 家賃
  • 住居費(固定資産税・リフォーム費用など)
  • 生命保険や損害保険の保険料
  • 介護保険料
●定年によって発生する支出の例
  • 近所づきあいの交際費
  • 趣味や生きがいのための費用
  • 妻の国民年金保険料(妻が60歳になるまで)
  • 国民健康保険料

1.(公財)生命保険文化センター「セカンドライフの生活費は現役時代とどう違う?」をもとに作成