学資保険の基本とメリット・デメリット

学資保険の基本とメリット・デメリット

「学資保険には早めに入っておいた方がいいよ」
お子さまが産まれると、ご両親や親せきの方々にそんな風に言われた方も、多いのではないでしょうか?

お子さまの将来に備えるための学資保険。
「そもそも入る必要があるのか?」
「どんな学資保険に入ったら良いのか?」
あまり詳しいことまではわからない方が、ほとんどではないかと思います。
このページでは、学資保険の基礎知識から、お子さまに将来かかる学費などの費用まで、わかりやすく解説していきます。

子どもの大学卒業までの学費は約1,000万円

まず学資保険の特徴について詳しく解説する前に、お子さまに必要な学費について考えてみましょう。
子どもの将来までの学費は、いったいいくらかかるのでしょうか?

お子さまが産まれて、小学校、中学校、高校、大学と進学していき、それがすべて公立でも、学費は約「1,000万円」かかるといわれています。
大学だけ私立(文系)に行った場合で1,200万円、私立(理系)では1,300万円ほどかかります。高校や中学が私立になると、より金額は上がります。
お子さまの将来の学費に備える貯蓄手段として、学資保険や預金などで備える必要があるのです。

学資保険の基礎知識

それでは、学資保険とはどのような保険なのでしょうか?
学資保険は、子どもの教育のために加入する保険のことをいいます。毎月契約した保険料を支払うことで積み立てし、高校入学や大学入学など、教育費が必要なタイミングに給付金を受け取ることができます。

医療保険や生命保険とは性質が異なり、貯蓄性の高い保険商品になっています。
「預金とどこが違うの?」
そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

学資保険は、預金や金融商品と比較することも多くあります。しかし、保険ならではの特徴を持っており、メリットもデメリットもあります。

学資保険のメリット

それでは学資保険の特徴として、どのようなメリットがあるのでしょうか?預金などの貯蓄と比べていきます。

●メリット1.親に何かあったときに保険料が免除になる

「保険」としての大きなメリットは、まずこの点ではないでしょうか?
ほとんどの学資保険は、契約者である親が死亡、または所定の高度障害の状態になった場合には、以後の保険料の支払いを免除することができます。そしてその場合にも、受け取ることができる給付金は変わりません。
教育費の貯蓄だけでなく、教育費を支払う親のリスクについても備えることができるのです。
この点は当然、預金にはない機能ですので、保険ならではのメリットです。

●メリット2.預金よりもお金を増やせる

学資保険の大きなメリットとしては「増やせる金額が大きい」という点です。
2016年にマイナス金利が発表されてから、銀行の定期預金の金利が下がってきています。金利が高い銀行でも、5年で0.30%ほどです。(銀行や預金額、期間によっても異なります)
しかしながら、学資保険の場合には返戻率が10%を超える商品もあり、増やせる金額は定期預金を上回ります。
このため、長期の貯蓄としては、学資保険の方が得をするといえるのです。

●メリット3.節税できる

学資保険は、預金ではなく「保険」ですので「生命保険料控除」の対象となり、所得税を節税することができます。
「生命保険料控除って何?」という方もいらっしゃると思いますので簡単に解説します。
私たちが納めている所得税や住民税は、給与などの所得の金額をもとに計算されています。その所得から、生命保険などの保険料を支払った場合、その金額を差し引いて税金を計算します。これを「生命保険料控除」といいます。

●メリット4.強制的に貯蓄できる

学資保険のメリットのひとつとして「強制的に貯蓄できる」という点があります。
学資保険は、途中で解約してしまうと元本割れになってしまうなど、損をしてしまいます。この点はデメリットでもあるのですが、解約しにくくなるため、強制的に貯蓄できるというメリットにもなるのです。
預金などの場合には、いつでも引き出してしまうこともできますので、学資保険の方が貯蓄はしやすいのです。

学資保険のデメリット

学資保険のメリットをご紹介しましたが、それでは逆にデメリットはどのようなものがあるのでしょうか?
順番にご紹介していきます。

●デメリット1.途中解約すると、元本割れする可能性が高い

学資保険の最も大きなデメリットは、途中で解約すると元本割れしてしまい、支払ったお金より損をしてしまう可能性が高い点です。
前述したとおり、途中解約できないからこそ、強制的に貯蓄できるというメリットに置き換えることもできますが、やはり大きなデメリットのひとつになります。

●デメリット2.インフレになったら損をしてしまう

次に、学資保険には「返戻率が契約時に決まってしまう」という特徴があります。
そのため、学資保険でお金を増やしても、インフレで物価が上がった場合には、貰えるお金が減ったのと同じことになります。また、今後もずっと低金利であれば学資保険の利率の方が高いのですが、もし途中で金利が大きく上昇した場合には、学資保険より預金の利率の方が高くなってしまう可能性もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
学資保険について、基本的なことはおわかり頂けたのではないかと思います。

学資保険は、毎月積み立てるようにして、お子さまの教育資金を貯蓄していく貯蓄型の保険です。
強制的に貯蓄することができ、親に何かあった際には、以後の保険料の支払いが不要になるなどの大きなメリットがあります。その反面、途中解約してしまうと元本割れしてしまう可能性が高いなどのリスクもあります。
学資保険は、必ず入らなくてはいけない保険ではありません。ご家庭や考え方によっては、貯蓄で備えた方が良い場合もあります。
このページでご紹介したメリットとデメリットなどをご確認頂き、検討してみてください。