お子さまにかかる教育費用

お子さまにかかる教育費用

学資保険は、お子さまの教育資金を賄うために入る貯蓄型保険です。
しかし、幼稚園から大学まで、一体どれだけの教育費がかかるのか?
ご存じの方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

このページでは、お子さまにかかる教育費用について、幼稚園から大学まで、それぞれ公立か私立か?教育費の内訳も含めて解説していきます。
学資保険への加入や、お子さまの教育費の準備の参考にお役立てください。

幼稚園の教育費用

それではまず始めに、幼稚園にかかる教育費用を見ていきましょう。
1年にかかる教育費用は、公立と私立それぞれで、平均すると以下のとおりです。

年間学習費総額(幼稚園)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

私立と公立で比較すると、学習費はおよそ倍になることがわかります。
月額費用に直すと「公立:18,522円」「私立:41,501円」になります。
「学校教育費」は、幼稚園に支払う学習費用です。「学校外活動費」に関しては、幼稚園以外の習い事にかかる費用の平均金額になります。幼稚園にあがると、お子さまの関心事や、お友達がやっているからなどの理由で、習い事などを始めることも多くなってきます。
幼稚園に関しては「2年保育」と「3年保育」がありますので、上記の年間教育費を元に、2年保育と3年保育それぞれの学習費を算出します。

2年保育の学習費総額(幼稚園)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

3年保育の学習費総額(幼稚園)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

小学校の教育費用

次に、小学校の教育費用はどれくらいかかるのでしょうか?まずは年間費用から見ていきます。

年間学習費総額(小学校)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

公立と私立で比較すると、私立は公立の約5倍の学習費用がかかることがわかります。幼稚園から大学までの年間学習費用の中で、この私立小学校の学費が最も高い金額になっています。
月額の学習費用を計算すると「公立:26,809円」「私立:127,982円」となっています。
続いて6年間での学習費用を計算していきます。

6年間の学習費総額(小学校)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

特に私立小学校の学習費用については、1,000万円近くにのぼることがわかります。

中学校の教育費用

続いて、中学校の学習費用を見ていきましょう。

年間学習費総額(中学校)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

中学校においても、私立は公立の3倍近い学習費用がかかります。
月間学習費を計算すると「公立:40,153円」「私立:111,552円」となります。
それでは3年間の学習費を算出していきます。

3年間の学習費総額(中学校)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

中学になると、高校受験に備えるために塾や家庭教師に習う機会が増えます。そのため、学校外活動費が小学生の1.5倍に上がっています。

高校の教育費用

高校の学習費用は、以下のとおりです。

年間学習費総額(高校)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

私立高校の学習費は、公立高校のおよそ倍の金額になっています。
小学校や中学校までは、私立に進むお子さまは少ないと思いますが、高校からは私立高校を選ぶお子さまも増えてきますので、急に教育費が上がる可能性があります。
月間の学習費は「公立:34,165円」「私立:82,941円」となってきます。

3年間の学習費総額(高校)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成

大学の教育費用

大学の学習費は、入学費用も大きくなりますので、入学費用と4年間(短大は2年間)の在学費用の合算で算出します。また、国公立か私立か以外にも、文系か理系かによっても学習費が変わってきますので、それぞれの学費をご紹介します。

学習費の総額(大学)
1.日本政策金融公庫「平成27年度 教育費負担の実態調査結果」をもとに作成

大学の学習費は、学資保険を考える上でみなさんがまず意識する学習費ではないでしょうか。進む進路によって、上記のように金額に大きな差が生まれてきます。

●大学の仕送り費用
さらに、大学生活を一人暮らしで過ごす場合、親からの仕送りが必要になる場合があります。全国大学生活協同組合連合会の2015年の調査によると、学生への親の仕送りの平均は、月額71,440円となっています。
これを短大の2年間にすると、1,714,560円、4年制の大学の場合には3,429,120円とかなり大きな金額になるので、仕送りの金額についても計算に入れておく必要があります。

学習費用総額のシミュレーション

それではこれまでまとめたデータを元に、各学校で私立か公立かどちらを選んだかによって、学習費用のシミュレーションを見ていきましょう。

学習費の総額(幼稚園~大学)
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」/日本政策金融公庫「平成27年度 教育費負担の実態調査結果」をもとに千の位を四捨五入して作成
2.大学の金額は、入学金と授業料の合計
3.私立大学の金額は、理系の場合です

このように、さまざまなパターンでの学習費用の総額をまとめてみました。すべて公立の場合でも1,000万円近い金額がかかり、さらにすべて私立で理系大学に進んだ場合には、2,500万円を超える費用がかかることがわかります。
とても大きな金額になるので、驚かれる方が多いと思います。しかしこうして、予めかかる学習費用について知っておくと、預金や学資保険で備えることの大切さと、早めに準備しておくことの重要性をおわかりいただけたのではないかと思います。

きちんと倶楽部では、学費のシミュレーションができるコンテンツもご用意しております。きちんと倶楽部会員の方はログインして、お試しください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
幼稚園から大学までのお子さまの学費は、とても大きな金額になることが、おわかりいただけたのではないかと思います。
お子さまがどのような進路に進むかは、まだ小さいうちはわかりません。どのような進路に進んでも、希望の道に進めるように、備えておく必要があります。
学資保険や教育ローンなど、さまざまな方法で備えておく必要がありますが、その方法は別ページで詳しく解説していきます。