学資保険と奨学金、教育ローンの上手な使い方

学資保険と奨学金、教育ローンの上手な使い方

お子さまの学費に必要な金額は、すべて公立の場合でも1,000万円、すべて私立になると2,500万円を超えるとても大きな金額になります。

「そんな金額、どうやって貯めたらいいのかわからない・・・」
この金額を見て、そう思った方も多いのではないでしょうか?このページでは、そんなお子さまの学費に対してどのように備えていくべきなのか?わかりやすく解説していきます。

教育費用の内訳

まず始めに、幼稚園から大学までの学習費が、それぞれどれくらいかかるのか、わかりやすくまとめてみます。

幼稚園~高校までの学習費用
1.文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」をもとに作成
2.上記学習費用には、学校給食費と学校外活動費(塾などの習い事費用)を含みます。

ご覧のように、公立の幼稚園や小学校の月額学習費は、2万円前後、中学校から4万円ほどの金額になっています。私立については小中学校ともに月額10万円を超える金額になっています。
私立高校では月額8万円。高校からは私立に進む方も増えてきますので、私立高校の金額には注意が必要です。

大学の学習費用
1.日本政策金融公庫「平成 27 年度 教育費負担の実態調査結果」をもとに作成

大学は、短大、国公立大学、私立(文系)、私立(理系)それぞれで金額が異なります。入学費用も大きくなってきますので注意が必要です。月額の学習費用も、私立は10万円を超えてきますので、大学が最も学習費用が多くかかることがおわかり頂けるかと思います。

学資保険での備え方

それでは、幼稚園から大学までかかってくる学習費用を、学資保険で備える場合にはどのようにすれば良いでしょうか?
特に「給付金を受け取るタイミング」について解説していきます。
学資保険は、給付金を受け取るタイミングとして、複数回受け取るプランとまとめて受け取るプランがありますので、そのそれぞれのプランの特徴を解説していきます。

●中学・高校・大学の入学のタイミングでそれぞれ受け取るプラン

中学入学(12歳)・・・36万円
高校入学(15歳)・・・36万円
大学入学(18歳)・・・120万円
受取総額・・・192万円
支払った保険料総額・・・178万円
返戻率・・・107.7%
(ある保険会社の学資保険のシミュレーションより)

●大学入学時に一括で受け取るプラン

大学入学(18歳)・・・200万円
受取総額・・・200万円
支払った保険料総額・・・178万円
返戻率・・・112.0%
(ある保険会社の学資保険のシミュレーションより)

●給付金は一括で受け取った方が得をする
上記は同じ保険商品ですが、「複数回受け取るプラン」「まとめて受け取るプラン」の「返戻率」に注目して頂くと、大学入学時にまとめて受け取った方が、返戻率が高くなることが、おわかり頂けるかと思います。
ご家庭の状況にもよりますが、中学や高校入学のときにも給付金を受け取るか、大学入学の時にまとめて受け取るかを選択することで、返戻率が変わってくることは知っておく必要があります。
大学入学時にまとめて受け取る場合には、高校卒業までの学費は普段の生活費の中から捻出することになります。

学資保険の保険料をいくらにするか?

それでは、学資保険の受取学資金は、いくらにするのが最も良いのでしょうか?
仮に大学入学時に一括で受け取るプランで、受取学資金と毎月支払う保険料についてシミュレーションしてみます。

(例)大学入学時に一括で受け取るプラン
(ある保険会社の学資保険のシミュレーションより)

もし、国公立大学の学習費用(約500万円)をすべて学資保険で賄おうとすると、月々の保険料は35,920円です。最も学費が高い、理系私立大学の学習費用(約800万円)を賄おうとすると、月々の保険料は57,472円です。

●途中解約による元本割れに注意!
この金額を毎月10年間支払うことができるほど収入が高ければ、若いうちに備えておくこともできるかもしれません。しかし、ここで注意が必要なのは「学資保険は途中解約すると元本割れしてしまうリスクがある」という点です。
学資保険は、預金よりも返戻率が高く、お金を増やせる貯蓄方法ですが、その代わりに途中解約すると、これまで支払った保険料よりも少ない金額しか戻ってこない「元本割れ」になってしまう可能性が高くなります。
ですので、月々の保険料を無理な金額にしてしまい、あとで払えなくなって解約してしまうことになると、かえって損をすることになってしまいます。

そのため、家計の状況や、保険料を支払う期間中にかかる、幼稚園や小学校の学習費などとも比べながら、無理のない保険料で運用できるようにしていくと良いでしょう。
また、第二子、第三子と、次のお子さまが産まれる可能性も、きちんと考えておくことが大切です。

●足りない金額は預金で備える
前述したとおり、学資保険だけで学習費を賄おうとしてしまうと、無理な金額になってしまい、途中で払えなくなって元本割れになってしまいます。
家計の状況に合わせた学資保険で備えながら、不足する金額は預金などで備えていくと、急な出費が必要になった場合や、家計が困窮した場合には、自由に引き出しできるなど、融通がきく貯蓄ができます。

奨学金制度

学資保険や預金以外に、大学の学費を補う方法として「奨学金」と「教育ローン」があります。まずここでは、奨学金制度について解説していきます。
奨学金制度は、お子さまの成績やご家庭の経済状況にも左右されますが、一般の金利より安い、または無利息で借りられるため、貯蓄で賄えない学習費用をカバーすることができます。

●日本学生支援機構(JASSO)による奨学金制度

独立行政法人の日本学生支援機構による奨学金制度です。高校、専修学校、短大、大学、大学院の学費に対して受けることができます。日本国内での学費については、すべて「貸与型」となっており、返済が必要です。(海外留学には返済が不要な「給付型」奨学金もあります。)

第一種
貸与型奨学金の第一種は、無利息の奨学金です。
定められた期間の成績の平均値が3.5以上の成績であり、経済的理由により修学が困難な学生に貸与される奨学金です。

第二種
第一種より緩やかな基準で選考された方に貸与する奨学金です。利息は一般より低く設定されており、年3%を上限にしています。さらに在学中は無利息になります。

●大学による独自の奨学金制度

上記のJASSOによる奨学金以外にも、各大学が独自に実施している奨学金制度があります。
大学によって条件などはさまざまですが、無利息や低金利で貸与する「貸与型」以外にも、学費の減免や全額免除などの制度もあります。

●地方自治体による奨学金制度

各都道府県や市区町村が設けている奨学金制度です。各自治体によって異なりますが、月額1万円から5万円の奨学金を支給しています。
大学による奨学金と同様に、返済義務のある貸与型と、返済義務のない支給型があります。成績や家計の状況のほかに、学生の保護者がその自治体に住んでいることが条件になります。
自治体によって条件が異なるだけでなく、制度そのものがない自治体もありますので、確認が必要です。

教育ローン

奨学金以外に、学費を借りる手段として「教育ローン」があります。教育ローンには「国の教育ローン」と「民間金融機関による教育ローンが」あります。

●国の教育ローン

その名のとおり、国による教育ローンです。年間金利は固定で1.9%となっており、最高350万円まで貸与されます。前述した、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金とも併用することができます。但し、世帯年収やお子さまの人数によって制限があります。

●民間金融機関の教育ローン

民間の金融機関による教育ローンは、国の教育ローンに比べて金利が高くなっています。但し、年収による制限がなく、限度額も500万円など、国の教育ローンよりも高い金融機関もあります。

奨学金と教育ローンの違い

奨学金には、学習費用の免除や給付型などの返済を必要としないものや、無利息のものもあります。
しかし、貸与型で利息がつく奨学金は、教育ローンとどう違うのでしょうか?
その違いについてまとめてみます。

●返済義務が誰にあるか?

奨学金:学生本人
教育ローン:親

●成績が利用条件になっているか

奨学金:利用条件に成績が関係あります
教育ローン:成績は関係ありません

●在学中に利息がかかるか

奨学金:在学中には利息が発生しません
教育ローン:在学中から利息が発生する

まとめ

いかがでしたでしょうか?
お子さまの学費には、大変なお金がかかります。
学資保険による教育資金への備え方にもさまざまな方法がありますが、大学入学時に一括で給付金を受け取る方が、返戻率が高く得であるといえます。
但し、学資保険の保険料を無理な金額で設定してしまうと、途中解約による元本割れのリスクが高くなってしまうので、注意が必要です。
お子さまの教育費用は、学資保険や貯蓄で備え、進路によってはより学習費用がより多くかかる場合や、預金が十分にできていなかった場合には、奨学金や教育ローンで補う方法もあります。
ご家庭の状況に合わせて、学資保険はもちろん預金や奨学金などを活用していくと良いでしょう。