保険の期間を決めましょう

保険の期間を決めましょう

保険の対象、補償の範囲、建物の構造、保険金額を確認したら、最後は保険期間です。
保険期間は1年から10年までで選択可能です。損害保険は掛け捨ての1年契約がほとんどですが、火災保険は長期契約が多いのも特徴です。それでは、保険期間はどのように決めれば良いのか見ていきましょう。

長期契約10年以上が廃止になった理由

火災保険の保険期間は、長期契約であれば最長36年までの契約が可能でした。これは、住宅ローン支払い終了と保険の満了を揃えた方が、火災などの事故が発生した際に、住宅ローンの残債を処理しやすかったことに由来します。

しかし、近年では温暖化などによる突発的な異常気象など、災害を予測するのが難しくなり、長期にわたる保険料の決定が困難になってきたため、法改正により2015年10月1日から長期契約は最長10年までに短縮されました。

ただし、法改正前に契約された10年を超える契約に関しては、2015年10月以降も有効です。

短期契約と長期契約

火災保険の短期契約とは、おおむね「1年(以内)」の契約を短期としています。
それを超える「3年」「5年」「10年」といった単位で契約するのが長期契約とされています。

長期契約を選ばれる方が一般的に多いのですが、みんなが選んでいるからといって「必ず良い」とも限らないので、長期契約のメリットとデメリットをまとめてみました。

長期契約のメリット

●メリット1.保険料がお手頃になる(最長10年)

なんといっても、保険料がお手頃になるのは大きいですね。契約期間が長いほどその割引率は高くなります。

火災保険長期係数(参考)
1.損保ジャパン「火災保険長期係数(平成27年10月1日改定)」をもとに作成
2.火災保険長期係数は、保険会社により異なります

各保険会社が定める「長期係数」というものがあり、年間保険料にこれを掛けたものが、長期契約時の保険料になります。

(例)年間保険料3万円
・1年契約 3万円×1.00=3万円
・5年契約 3万円×4.40=13.2万円
・10年契約 3万円×8.50=25.5万円

本来なら、短期契約で10年契約すれば払込総額は30万円ですが、長期契約ですと、25.5万円で済みます。年間あたりに換算すれば、数千円の違いかもしれませんが、長期にわたると大きいですね。ただし、原則一括払いが前提となりますので、注意が必要です。
保険会社によっては、「長期契約の年払い」ということもできます。一括払いほどではありませんが、保険料をお手頃にすることもできますので、こちらも確認しておきましょう。

●メリット2.毎年継続する手間がない

毎年毎年手続きの手間がないという意味ではメリットですが、その裏返しにデメリットもあります。それでは、デメリットもみてみましょう。

長期契約のデメリット

●デメリット1.一時的な負担が大きい

長期契約は年あたりの支払保険料はお手頃になりますが、原則一括払いが前提なので、長期になればなるほど、一時的な負担は大きくなります。

●デメリット2.保険の見直しなどをする機会が減る

短期契約なら、定期的に更新の案内が届きますが、長期契約だとその間隔は開いてしまいます。保険の見直しができないわけではなく、契約期間の途中で補償を増やしたり、減らしたり、解約して加入し直すことも可能ですが、きっかけがないと「そのまま」にしてしまいがちになってしまいます。

●デメリット3.時間が経つと契約内容を忘れてしまう

ご家族の状況が変わって、補償が合わないものになっていることに気づかず、いざという時に困ったというケースにもなりかねません。

途中で解約したらどうなるの?

長期契約した後に、急な転勤などにより、売却や引っ越しが必要となり、家を手放す際などは、火災保険は解約することになります。解約をすると、残っている保険期間の保険料は戻ってくるのでしょうか?
契約期間が満了となっていなければ、残っている期間の保険料は、経過期間に応じて所定の解約返戻金(かいやくへんれいきん)が戻ってきます。
火災保険の解約返戻金は未経過保険料ともいいます。
保険会社で提示している未経過保険料係数によって算出されます。

解約返戻金(未経過保険料)=長期一括払保険料-未経過料率係数
1.未経過料率は、経過した期間によって変化します。

未経過料率につきましては、各社の約款をご覧いただくか、保険会社に確認してみましょう。

まとめ

・長期契約をしても見直しを忘れない。
・一括払いによる高額な負担を受け入れられる。
という方なら、長期契約の方がお手頃になりますので、長期契約を選ばれても良いでしょう。